家電リサイクル法に基づいて、壊れた洗濯機を捨ててきました。

以前の記事を読み返したら、洗濯機の寿命は3000回と自分で書いていました。

前回の記事から最近はさらに選択頻度が上がり、平均3回位洗濯していましたので、壊れて当然ですね。おもらしのトレーニングで分けて洗ったり、2度洗いしたりと洗濯機を酷使していました。

メルカリで洗濯機を買ったので、当然引き取り処分なんてないので、自分でやりました。

まずは、郵便局に行って家電リサイクル料金を納め、家電リサイクル券をもらってきました。洗濯機は大きさに関わらず2,484円でした。

そして、近所の電気屋さんに引き取りをお願いに行くと、リサイクル券はうちが購入しなきゃダメなので、リサイクル券があっても4,400円だよと言われ、(リサイクル料金が重複となってしまう)あきらめて、自分で回収場所まで持ち込みました。

前回エアコンの処分も同じ方法を取りましたが、収集運搬料金が節約になるので1,916円の節約となりました。ただし、回収場所まで往復50km離れていましたので、50km(距離)÷10km/㍑(車の燃費)×160円/㍑(ガソリン代)で  約800円の交通費がかかりました。あと、休日の1.5H・・・これは痛い。

次からは近所の電気屋さんに、そのまま持ち込むようにします!

ちなみに、洗濯機を持ち込んだときに、隣の車からは今回メルカリで買った同じようなビッグドラムが出てきました。我が家の洗濯機は故障しないことを祈る!