エアコンをつけていると快適すぎて気づきませんが、

猛暑の中、太陽熱から家を守ってくれている

外壁さんの温度が大変なことになっています。

久しぶりにサーモグラフィーカメラを起動させました。

外気温33℃に対し、外壁は、なんと50℃もあります。

それは10年もしたら劣化しますね・・・

ちなみに、室内は28℃で

室内の壁は30℃でしたので温度差20℃ほど。

外壁→通気層→合板→断熱材→石膏ボード→クロス

これで外壁からの温度をかなり遮断しているわけです。

問題は窓。

APW310(アルミ樹脂複合サッシ)+レースカーテン+カーテンと

全部閉めてもこの状態。やはり、せめてAPW330にするべきだったか。

まあ、太陽光発電+エアコンで

夏場は問題ないんですけどね。