もともとは転勤族なので、家は賃貸派でしたが、

このご時世なので、会社も世帯持ちには大分融通が利くようになりました。

子どもがある程度育つまでは、転勤範囲を通勤範囲にしてもらいましたので、

家の購入に踏み切りました。

株式会社TOKAIという工務店で建てましたが、

決めるまでには情報が少なすぎて結構困ったので、

今後、思い出しながら書いてみようと思います。

株式会社トーカイの注文住宅HP

こんな感じの普通な家。

ちなみに決めた理由・良かった理由は・・・

① 土地がTOKAI

建築条件が決まっていたわけではないですが、土地・家の高額な取引を行う上で、会社の信用は非常に重視するポイントかと思っています。安定した会社・将来も存続するであろう会社を選びました。また、土地契約とともに工務店選びを行いましたが、また営業マンとの信頼関係づくりから始まる為、時間を取られ家づくりにかける時間が減ってしまいます。ここでやろう!と最初から決めてしまったということもあります。多くのブログではたくさんの見積もりをとってみるという案が多いですが、我が家は4件程度の工務店めぐりをしました。

② 営業、建築士、現場監督の経験が豊富

昔、自分でも営業の仕事を行っていましたが、営業マンが長く働ける会社はとても良い会社だと感じます。(中身はどうかは知りませんが)また、スタッフはベテランが多く、会社の安定しており安心感も感じました。

③ 知人にもTOKAIで建てた方がいた

知り合いに少し前に建てた方がいて、共通の営業マンだったため、良い点・悪い点を聞いておきました。忘れっぽいと言っていたので、こちらからなるべく連絡を取り、メールなどでしっかりと内容を残すことを行い、スムーズに進行できたと思います。また、TOKAIとの打ち合わせでは、社内で自社で建てたスタッフがわんさかいます。打ち合わせ時に、営業マン・建築士・インテリアコーディネーターなど3~4人の生の声を聞きながら進めていけたので、非常にメリットを感じました。

④ 注文住宅らしくすべてが自由

制約はあるでしょうが、基本的にすべて自由に変えてくれます。大手ハウスメーカーさんや一条工務店さんとかだと、かなり制約があり、その分性能重視・コスト重視なんでしょうけど、TOKAI独自の特別な建て方は特にありませんでした。なので、ルールもあまりないと思います。建築基準法や耐震性など最低限のところは、すぐに教えてくれますので間取りもかなり要望どおりに変更してくれました。また、住宅設備も標準はありますが、ここも自由に決めれました。さんざんメーカーまわりを行い見積もりを工務店に送りまくったので、迷惑をお掛けしました。

デメリット

① 値段は安くはない

いわゆるローコストメーカーよりは高いです。坪単価もどこにも出てきませんね。住宅専門の会社ではなく、もともとはガス会社です。経営多角化して現在はガスの仕入原価が安くて業績絶好調。(TOKAI株持っていますんで)都市ガス・光ケーブル・水の宅配・不動産などで顧客を獲得しているので、新築部門はどちらかというと、あまり力を入れていない部類のようです。ホームページもかなり探さないと出てきません・・・。ただし、新築を一棟建てれば、ガス・電気・セキュリティ・インターネット・ケーブルテレビ・電話・水・リフォーム・太陽光パネルとあらゆる顧客につながるので、他のホームメーカーや工務店よりは将来性あるのではと思っています。経験によると、ガス関連設備は激安設置できます。

② オリジナリティは施主と提案次第

無垢の床、全館空調、床暖房、蓄熱・蓄電設備、ZEH仕様など、特に変わったものは標準ではありません。外観や設備でオリジナリティを出したい場合は、自分たちで作り上げる必要があります。我が家は限られた予算で広い家とやりたい事をやったため、コストカットを余儀なくされました。また、規格住宅もたくさんあり、なんでもできる分、その分どんどん値段は上がっていきます。