我が家は、土地契約した業者さんに

新築契約時の交渉にもアドバイスを頂きました。

土地のプロだけでなく、元工務店の営業マンでしたので、

住宅づくりには精通しており、何百件も一緒に家を建てて来ていますので、

今から思えば、アドバイスのレベルが半端ないです。

本当にお世話になりました。

① まずは土地購入時点で、資金計画を相当練ってくれました。

アドバイスは、資金内で余裕を持って購入すること。

また、見積もりを頂くときも、最大限の要望を入れ、金額との折り合いで削っていく方式を進められました。

家造りをしていく上で、欲しいものが増えどんどん増額していくお家があるそうですが、我が家は逆で、どんどん減らして予算額に収めるように気をつけました。

結局は収まってませんが。

② 工務店見積もり → 見積もりを見て無駄・減額案を提案してくれました。

不要なものや高額なもの、家庭環境や立地では不要なものを提案してくれ、

総額300万ほどは出てきました。元々やりたいこと全部含めてますので、

ザクザクカットしていき、本当にやりたいことを残しメリハリのある家になりました。

妥協も大事。価格がわかっていれば妥協できます。

③ 値引き交渉までしてくれました。

当初、値切るなと言われていました。

値引きをする→下請けに無理をさせる→家の出来が悪くなる。

値引きを狙うくらいなら、土地を安く買う(狭いかアクセス悪いか)や家を小さくするなどどこかしらで我慢が必要と。

ただ、元営業マンなので、分かるのでしょうね。契約を急かされた時の一回だけ値引き交渉。後は、一切値引き交渉ではなく仕様変更とグレード・オプションの追加・削除でした。