子供部屋の間仕切りをゼロからDIYしてみたので、費用から全て公開します。間仕切りを安く作りたい、と考えている方には参考になるかもしれません。

子供部屋を2つに切り分ける

プライベートな空間は大切

新築当初は予算の関係と、大部屋で遊ぶだろうとのことで、子ども部屋2つをつなげて作ってもらいました。将来的に間仕切りで2部屋に切り分けることも想定した間取りです。しかし、新築2年後に3兄弟全員が小学生になると同時に部屋が欲しいとのこと・・・

また、上はまだ開放して欲しいことや、間仕切りに扉をつけてなど、ワガママ放題なので、自分でつくることにしました。洗濯機置場から始まったDIYがまさか、ここまでくるとは思いもしませんでした。

洗濯機置場台→大型ハンガー→アイロン台兼ハンガー掛け→間仕切りとだんだんとレベルアップしてきました。

費用総額 40,000円(扉・工具別)

工務店に依頼すると倍以上の費用がかかるでしょう。ただし、仕上がり具合と工事期間は比べものになりませんので、きちんと2部屋分けたい場合は、工務店に依頼しましょう。我が家では、遊び要素を取り入れ、子供が小さい間は上部は開けっ放しとし、部屋の行き来できる扉も作っています。

  • 木材と石膏ボードで約20,000円。
  • 吸音材は家にある毛布などを使用したので0円。
  • 遮音材は以前使ったロールを切って片面のみ貼り付け、今回は0円。
  • 漆喰塗りで20,000円

漆喰を一般的な壁紙クロスにすると、もっと安くできたかと思います。

使った工具は2種類。どちらも、DIYでよく使用するので購入して損はしません

  • レーザー距離計は約6,000円。
  • レーザー水平器はメルカリで2,500円。

ビフォーの子供部屋写真

子供部屋はあまりにも普通すぎて、ほぼ写真撮影していませんでした。工事途中の写真しかありませんが、こんな感じで2部屋を仕切れるようにドアを2つを繋げた広い部屋にしました。

間取りは南向きの一番良い場所。間取図も、点線で仕切りをつけるところをイメージさせています。まさかDIYでやり遂げるとは思いませんでしたが。

間仕切りDIYの手順

1.木工事

木材カットはホームセンターでカット依頼を行い、水平器とレーザー距離計も購入しました。

きちんとした工具は、DIYの効率を劇的に上げます。

元に戻せるように、壁打ち付けは最小限にしています。床と天井は無傷。

石膏ボードが重く、購入してから家に運ぶのが大変。さらに、2階に運ぶのはさらに一苦労。

2.吸音材・遮音材の施工

使わなくなった幼児用の毛布などを裁断し、吸音材代わりに壁内に貼り付けました。

本当はやすいので断熱材を使ったほうが良いと思います。

3.壁の漆喰塗り

練漆喰の「うま~く塗れ~るを使用しましたので、本当にらくらく塗ることができました。漆喰と水の分量を考えたり、混ぜたりする作業が一切ありません。さらに、2年経過しても、ほぼそのまま使えるくらい保存性も良いので多めに購入して大丈夫です。

4.扉の製作はオススメしない

結構な面倒くささでした。また、子供が開け閉めを何度もするので、簡易的な部材は耐久性が弱いので壊れます。

子供部屋の間仕切りは2年後に完成

最終的に子供部屋は完全に独立した部屋とするために、扉も埋めて上部の空間も全て閉じてしまいました。子供が中学生ともなると、勉強で集中したり、電話したり、ゲームしたりで、子供それぞれに空間が必要です。特に音が漏れるとイライラするときがあるので、しっかりと防音対策した上で間仕切りを完成させました。

使用した工具や素材

レーザー水平器

精度は低くても問題ないので、レーザー水平器は間仕切りDIYには必須です。壁の土台となる柱をまっすぐに組み立てていくには、分度器などは使えませんからレーザー水平器を使い、レーザーに沿って直角を取るしかありません。いくらまっすぐに木材をカットしても数ミリの誤差が、天井までの2.4mの間で大きくずれてきます。ケチらず道具は良いものを使いましょう。

グラスウール

我が家は布団を使いましたが、壁などの防音を考える時は遮音と吸音のセットで考えると効果が高いそうです。吸音とは、音を吸収して、隣の壁に音が響かないようにする機能です。しっかりと壁の中に押し込んで、使いましょう。グラスウールはガラスの繊維をつかって吸音効果を上げていますが、チクチクする可能性があるので、取り扱いには注意が必要です。

遮音シート

非常に重く金属が練り込まれている薄いシートですが、音を遮る能力に特化しています。吸音材と組み合わせることによって、防音効果を高めますので、兄弟同士で壁を隔てて音漏れに気を使うことなく、快適な部屋づくりには欠かせないシートです。とても重くホームセンターで購入するにと持ち帰りに大変ですので、ネット購入しましょう。1巻購入すれば、防音で気になる場所に使うことができますので、DIYにはとても汎用性が高く、オススメです。

漆喰うま~くヌレール

一度使ったら病みつきになる、ラクさです。練る必要がなく、1年経っても余った漆喰は使えました。購入してすぐに使えますので、ネルネルする時間がなく、力も使いません。色はたくさんありますが、白が無難だと思います。うま~くヌレールのコテグッズはプラスチックで使いやすいので、費用に余裕があれば購入しておくと便利です。もっともっと安く壁を作りたい場合は、のり付きの壁紙を購入しましょう。