冬の冷たい床を改善したい

温暖地域によくある中断熱では床が冷たい

たとえ少しくらい寒くても、なんとか暮らしてはいけますが、そのためにエアコンや暖房をガンガン使用していては、もはや、どこまで光熱費が上がるか分かりません。

室内では、たった1~2度の違いが暮らしやすさを圧倒的に変えますから、暖房での電気やガスの使用量を減らしても、床下からの寒さを減らしてあげることで、寒さを改善する家も多いかと思います。

家は性能で有名な一条工務店さんは、全館床暖房で有名です。節約志向の日本の暮らしには、局所的に床を温めて生活の質を向上させる工夫は相性が良いようです。

昔からある無断熱の家で寒くても、コタツやホットカーペットで冬の寒さを凌いでいる家庭は多いです。温かいカーペットなどに足が触れることで、体温を奪われることがありません。

家が寒い原因のNo2は床面

最も家が寒い原因は「窓」からの冷気であり、次に床からの寒さとなります。

窓の性能は改善しにくいですが、床の断熱は比較的リカバリーで改善しやすく、時間をかければ改善できますので、ぜひ一部分だけでも試してみてください。

無断熱なら劇的な効果があり、中断熱でも比較的安価に高断熱までリカバリーできます。

床の断熱は改善できるのか?

この記事を見に来ている方は、一条工務店のような床が快適で過ごしているという方はいないでしょう。高断熱であればあるほど、費用対効果が見込めませんが、無断熱や断熱がまだまだできる住宅には、床暖熱の改善は効果が十分に見込めます。

また、全面の床リカバリーを行うよりも、まずはキッチンやトイレ、洗面などの配管の貫通部をまず優先的に行いましょう。効果が体感できたところで、さらに断熱リカバリーを進めていく流れです。効果が感じられないことは続けるのも苦痛になりますから、ポイントを絞って実行していきましょう。

リフォームに依頼できるのか?

リフォームでは、おそらく、誰もやってくれません

まず、費用対効果は見込めず、法外な値段をふっかけられます。要は、もっと短時間で稼げる仕事が多いので別の仕事の方が良いわけです。床下での延々と長い時間の作業の割に、デザインや見た目が変わるわけではありませんので、リフォームでは請け負いたい人はいないでしょう。

床暖熱リカバリーの方法1 発泡ウレタンスプレー

発泡ウレタンスプレーはオススメしない

YouTubeでよく見かけるのは発泡ウレタンスプレーで、床下から補修を行うという手ですが、素人には非常に難しいです。また、見栄えが悪く、元通りに戻せませんので、あまりオススメできません。特に床下の狭い空間の中で、上に向けてスプレーを吹くことが至難の業です。スプレー代は1,000円程度ですが、服にウレタンがついて何枚も捨てました。作業着以外では作業しないようにしましょう。

ただし、発泡ウレタンスプレーは、配管の貫通部などにポイントを絞って行うことは効果が高いです。きちんとマスキングなどで周囲を保護しながら作業を行いましょう。スプレーは一日で使いきる必要がありますので、あらかじめ作業する場所を決めておき、一気に作業してしまうことも必要ですので、覚えておきましょう。

家は資産ですので、売却する可能性があります。床下を見て素人感丸出しの発泡ウレタンがボトボト垂れているDIYがされていたら、たとえ断熱・気密の向上が図れていたとしても、売却額としては大きなマイナス点です。この点も、ウレタンスプレーをオススメしない理由です。

ABC商会 発泡ウレタンスプレー(ショート)

発泡ウレタンスプレーは、ホームセンターにも販売されています。迷ったらABC商会さんのインサルパックの小型タイプを数本購入してください。断熱メインではなく、配管などのピンポイントに隙間を埋めつつ断熱するのが目的ですので、360度どの角度からでもウレタンをスプレーできますので、非常にお手軽です。容量的にはロング官が良いのですが、狭い床下には不向きですので、ショートタイプの方が楽です。硬くなるまでに1~2時間かかりますので、注意しましょう。

床暖熱リカバリーの方法2 発泡ウレタンフォーム 

費用対効果抜群の発泡ウレタンフォーム

ホームセンターで売っているスタイロフォームという発泡ウレタンフォームをカットして、床下からはめ込む方法が最もコスパが良いです。どのホームセンターでも厚みによって数種類販売されており、手軽に入手できます。

スプレーに比べて広い範囲を断熱でき、2㎡ほどを2,000円程度でとなるので費用面

カッターでカットしてはめ込むと出来上がりなので、難しいことはなく、床下に持ち込めるサイズにカットできれば、後は地道に作業を続けるだけです。また、もし不具合が出たとしても、すぐに外しても元に戻せることも良い点です。

ですので、床暖熱リカバリーを行う際は、購入時にプレカットしてキッチリとパネルをはめ込むという方式を行いましょう。元通りにも直せますし、きれいに施工することが出来ます。

それでは、一から説明していきます。

床下採寸

必要な断熱材の厚みと縦・横サイズをすべて計測してください。
床下のすべての部位で必要となります。
サイズをメモしたら、図面サイズをかき出し、断熱材の発注する枚数とサイズを割り出します。

必要な工具

・レーザー距離計
・台車
・方眼紙

フルプレカット断熱材の購入

住宅建築時には当たり前かもしれませんが、個人購入でプレカットしてくれる卸売業者は少ないです。
その中でも、断熱材の種類や厚みが選べて、カット料金が明確なサイトは一つしかありませんでした。

株式会社間宮の東海加工センターです。

カット料金は1回165円
断熱材はカネライト・ネオマ・フェノバボードと3種類選べ、
厚みは様々なサイズが用意されいます。
さらにはスライスカットも希望があればやってくれるようです。

本来は建築図面が必要ですが、
1枚目~5枚目  398mm×805mm
6枚目~10枚目 398mm×850mm
などと指定すれば、その通りに最小カット数を割り出して見積もりを出してくれます。

床上で下処理を行う

・断熱材が入りやすいように山型に少しカットする
・気密テープを必要な長さにカットする

床下に入ると狭い中の作業となりますので、
なるべく床下での作業を減らしたいところです。
床上でもできる作業は、床上で行いましょう。

床下に入り断熱材をはめ込み、気密テープ処理する

・隙間が大きく空いたら、端材を詰め込む
・細かいことは気にせず、気密テープ処理
・必要に応じ、ビス留め処理
・貫通部の処理は丁寧に行う

DIYで超重要な断熱材とDIYグッズの購入方法

硬質発泡ウレタンボード

お近くのホームセンターでは絶対に購入しないでください。

断熱材から購入すると下処理が大変

カットがとても大変です。既に床が貼ってある引き渡し後のリカバリーの場合は、床下点検口から断熱材を床下に運び入れます。50cm以下のサイズに刻む必要がありますので、たとえカッターで簡単に切れるとはいえ、とても大変です。

また、断熱材の厚みが5cm程度ならよいのですが、それ以上の厚みになると手作業でのカットより、専用機械によるプレカットの方がダンゼンオススメです。

ホームセンターには、在庫も少ないです。様々な厚みがある断熱材は1サイズ当たりの枚数が少ないので、床下全体に敷き詰めようとすると確実に何店舗か回る必要がでてくるので時間がもったいないです。

市販品は断熱材のスペックが低い

断熱材の卸売店から購入しないと、断熱材のスペックが低くて、せっかく苦労して作業しても効果が薄いことになっていまします。断熱材のスペックを上げると必然的に高くなり、ホームセンターでは売れなくなってしまいます。ですので、断熱材の専門店から購入する必要があります。

結論は「東海加工センター」でフルプレカット

プレカットは、1カットに165円かかりますが、非常に楽です。また、カットの際に出る端材もごみとして廃棄してくれるので、必要分を購入することができます。端材も使い切ろうと欲張りたくなる気持ちもありますが、実際細かな断熱材は、数日眺めて捨てるしかないでしょう。

防水・気密テープ(アクリルタイプ)

断熱材を強力な粘着テープで固定するために大事なことは、アクリルタイプを購入することです。

気密テープには、作業性が良く手に張り付きにくいアクリルタイプと、強力に張り付きのり面がべっとりとつくブチルタイプがあります。ブチルタイプを使うと、床下の断熱材や木材にブチル材が付きとれなくなりますので、将来的に剝がしたり、やり直したりするときに非常に大変になります。必ずアクリルタイプを購入しましょう。

見た目は養生テープやガムテープと変わりありませんが、粘着力が非常に強く、耐久性も非常に長く設計されています。粘着面の飛び出るサイドにも強力な粘着力が発生するので、カバーされているのが特徴です。使い勝手の良かったこの2種類のどちらかなら間違いありません。

光洋化学 エースクロス031粗面用(黒)

色は汎用的な黒で統一してしまうのがカッコよいかと思います。他に白やアルミなどあります。

011タイプの1.5倍の粘着力があり、床下に貼っていくのに最適な粘着力です。また、剥離紙が20mすべてについているので、先に地上でカットして、床下にもぐると効率が非常に良かったです。

日本住環境 ツーエステープ(黒)

気密といったら日本住環境というくらい有名どころ。気密部材として、さまざまなサイズの気密テープを発売しています。床下に最適なのは、コスト的に考えても50mm。色はやっぱり黒です。

プロ用のため、ロット単位で販売しているサイトが多く、リアル店舗では販売しているところを見かけませんでした。アマゾンで単品で買える店舗がありましたので、探してみてください。

便利グッズ

床下用台車

レーザー距離計

ゴムハンマー