電気屋さんのエアコン取り付け失敗に4年後に気づく

我が家は、新築時にはエアコンなしにして、引き渡し後にゆっくりと取り付けしました。ちょうど春だったから特に急ぐことがなかったのが理由ですが、工務店経由でエアコン貫通穴を開けると非常に高額だったというのが主な理由です。

エアコン取り付けにあたっては、誰がやったかをハッキリさせたかったので、経験豊富そうな近所の電気屋さんにお願いしました。個人事業主であり、下請け依頼ではなく直接施工してくれました。引越し前の取り外しから、我が家のエアコン5台の取り付けを全てお願いしています。

ただし、近所の電気屋さんは取り付けの腕はありますが、住宅の知識は全くありませんでした。信頼したばかりにエアコン施工途中は邪魔しないように、作業時は全く見ていなかった為、のちの気密測定で驚愕の隙間を発見することとなりました。

新築4年後のレンタル気密測定時に、エアコン裏から猛烈な勢いで風が流入して来たのです。予算が許すならば、エアコン配管はせめて建築時の外壁が貼られる前に作業してもらいましょう。

隙間サイズは、1台当たり8.3cm2だった

実は、このエアコンの貫通穴の補修は自分でDIYで行っています。しかも、その後にさらに気密測定を行って隙間サイズが減ったかを確認しています。

124cm2→102cm2へ、3台のエアコン貫通穴を埋めることで、かなり改善されました。1台当たり7.3cm2ほどの隙間があった計算です。C値も0.88→0.72まで改善。n値は1.63→1.61と若干の改善。

もう1台補修したいのですが、2Fのエアコンで室外機は1F置きなので、高すぎて補修作業が出来ません。ここは室内側から隙間を簡易的に埋めるしか方法がありませんでした。

エアコンダクトの隙間状況

外壁のみパテ埋め(スリーブもなし)

見た目はこんな感じです。問題ないと思いますか?

通気層内はパテなし

実は問題ありすぎで、外壁面のパテを除去すると、パテなしでポッカリと隙間が空いていました。これは、隙間面積が何センチでしょうか?我が家は家の全隙間面積が124cm2だったので、その総隙間面積の中のエアコンが占める部分が大きいことは、簡単に予想ができます。

しかも防水シートも切り裂いたままの状態。もし、通気層の上側から水が入ったら、壁内に水が入って住宅が相当なダメージを負うことになっていました。気づいて良かったです。

エアコンダクトの隙間の補修

① 防水シートの補修

防水・気密テープを使って、しっかりと防水シート部分が壁内に巻き込むように施工しました。もはやこの状態ではスリーブはつけれませんから、防水・気密テープで代用させました。

非常に狭くてやりづらいので、エアコンダクトカバーを外し、室外機を少し動かしながら、配管を左右に動かしながら指を突っ込み作業しました。

② 内部に断熱材詰め込み

後ほど、内壁側からさらにウレタンスプレーをします。

とりあえず、パテだけだと断熱は弱そうなので、カットした断熱材を詰め込みました。

③ パテ埋め

通気層手前でしっかりと空気が室内に入らないようにパテ埋めします。配管のした部分にも最初にパテを盛りましょう。

④ 元通り戻して完成

戻してしまうと、見た目は変わりませんが、効果は絶大です。

今回使用した費用とツール

費用 ¥2,000円

主にパテ2kg分の購入です。断熱材の端材や、防水・気密テープなどは、自宅に保管したあったものを使用しています。

使用したツール(参考)