天井裏に入った所、断熱欠損を発見!!

吹付け断熱後に、太陽光発電を設置しましたが、

フレキ管と壁、フレキ菅の内部の配線からの隙間から

隙間風がはいってきました。

ちなみに見つけ方は至って簡単。

我が家は第3種換気なので、強制換気です。

窓を締め切って、外気吸入口も閉め・・・

規定の2Fホール+トイレ2箇所だけでなく、

脱衣室の換気扇機能(ガス温水暖房)とキッチンの換気扇を強に。

すると、家の中がものすごい負圧となり、窓が開きづらくなります。

そこで、天井裏に入ってみました。

サーモグラフィーも使いましたが、

今日は天気が良いが暑くないので家内外の気温差がなく、

サーモグラフィーでは外気の流入は分かりませんでした。

手をかざすと風が流れてくるので確実に外気は入ってきています。

根本とフレキ管のダブルです。

どうやって、ふさごうか・・・

吹付断熱ウレタンだと少し粘着が強力すぎるので、

何か調べてもう一度、屋根裏アタックです。

これでC値上昇間違いなし。

ちなみにこれで断熱欠損は3件目です。

みなさんも要チェックです!!

断熱欠損① キッチン下の配管

断熱欠損② 浴室下の配管周り

新築あるあるだと思いますけど、工務店に文句は言ってません。

ウレタンのスプレー一吹きで終わっちゃいますので。

あとは、エアコン工事後が心配・・・

ちゃんと近所のおじちゃんの工事を見とけば良かった。